サックス教室を、駅名とキーワードで探せる! → 今すぐオンラインで体験予約できる!

サックス教室・サックススクール.Starting.jp >  神奈川 >  信也のテナーサックス教室

信也のテナーサックス教室(神奈川)

会場マップ | 料金プラン | キャンペーン情報 | 無料体験レッスン

初心者の方へのメッセージ

中高生で吹奏楽等をやっておられる若い方、リタイアーされ「おやじバンド」を結成したいと考えておられる方等色々いらっしゃると思いますが、初心者の方には音の出し方や運指法から、ポップスやスタンダードジャズを目指している方にはジャズ理論も含め初歩から懇切丁寧にご指導致します。
 
特に最近の吹奏楽出身のサックス奏者で気になるのは、指先のテクニックは上手ですが音の出し方が口先だけで、いかにも楽器が鳴っているのではなくリードが鳴っていますという吹き方の方だ多いと感じていることです。
 
私はピアニッシモでもホールの一番後ろまで響く、腹筋を使って腹の底から楽器全体を振動させる様な吹き方が自分で吹いていて納得し、更に聞いている人に感動を与える奏法だとと思っています。
 
本当にジャズをやりたい方は口先テクニック奏法では物足りないはずで、楽器を鳴らすこと、これが私がジャズサックスをトータル約50年やってきた結論です。ただしジャズ以外のカテゴリーの方はこの限りではありません。

レッスンはこんな感じです

★ 初心者演奏方法(楽器を入手前の方、保有しているが殆ど吹いたことが無い方)

音を出す前にまず、下記の7項目の一番基本的なことを一緒にやりましょう。
これと並行してご自分が演奏したい曲を決めて頂き、その曲の練習を致しましょうう。楽譜が無い場合でも曲目を言って頂ければ大概の曲の楽譜は準備できます。

1.楽器機能の総合チェック:楽器本体のチェック、マウスピースのチェック、リガチャーのチェック、リードのチェック、ストラップのチェック、付属品のチェック
 ・製品の製造工程、材質、仕上げ、ラッカー、メッキの違いなどによって値段が異なりますが、購入する際は相談にのります。
2.楽器のセット 〜 音を出す前の準備:リードの付け方、ネックにマウスピースを付ける、本体にネックを付ける、ストラップ
3.音の出し方 〜 意識の持ち方:唇の形、歯の形、舌の形、喉の形
 ・演奏者の身体全体に必要以上の力が入り過ぎている場合が多いので、意識の中から力に頼った演奏を無くさなければなりません。必要最低限の力で最大音量にし、あとは引き算的に音色・音量・音程をコントロールします。
4.音色音程の意識:音色の聞き方、倍音成分の出し方、音程の取り方
 ・正しい音程は音色と密接な関係にあります。音色をしっかり聞くことによって正しい音程の演奏が可能になります。
5.楽器のセット〜 音を出し方
6.呼吸法 〜 腹式呼吸:姿勢、空気の出し方、空気の吸い方
7.運指法とその注意:左手、右手

 
★ 経験者の方(既に楽器を保有し、音楽活動をされている方)

経験者の方はまず得意な曲を吹いて頂き、その上で今後どの位の期間でどの位のレベルを目指すか等々ご本人の意思をお聞きした上で臨機応変にカルキュラムを組んで参りたいと思います。基本的には曲の吹き方のポイントのアドバイスとジャズ理論となります。ポップスやロックの方もジャズ理論を知っておいた方が、フェイクやオブリガートを入れる時に必ず役に立ちます。

大切にしていること

私が「大切にしていること」「スクールポリシー」は、ご自分の所有されている楽器を最大限に鳴らすことをポリシーとしております。最大限に鳴らすという意味は音が割れても単に大きな音を出すという意味ではありません。全ての指で全閉した最低音のB♭も、全ての指を開放したC#の音も同じように正しい音程で同じ音色で鳴るようにすることです。

楽器の管の長さを比較しますと、最低音のB♭は一番長くてC#は一番短い訳ですが、更にオクターブキーを使用した高い音や、更にその上の音を出すときにも、アンブシュア(口の形)を変えることなく正しい音程で同じ音色で鳴るようにするのは慣れるまで難しいことです。そのためには、口先でリードを鳴らすのではなく、楽器全体が振動しているイメージを感じさせる吹き方をすることが大切です。

何故アンブシュアを変えないで・・・なのでしょうか。当たり前のことですが最低音から最高音までの各音を早いフレーズを吹くときにアンブシュアを変えていたら間に合いませんネ。

演奏のテクニックやジャズ理論の理解は回数を重ねれば自然に付いてくるものです。そのためには時間の許す限り練習して楽器を鳴らす練習をすることが重要ですが、私の経験からも正しい練習方法で練習することが近道で、自己流で幾ら練習しても中々容易に上達するものではありません。

会場マップ



料金プラン

体験レッスン(60分)

0円(貸し音楽スタジオでの受講の場合、使用料実費(1,000円〜2,500円)が必要です。)

入会金

8,000円

ベーシックコース

60分×月2回コース:9,800円
60分×月3回コース:14,700円

エントリーコース

60分×月4回コース:19,600円
60分×月5回コース:24,500円
60分×月6回コース:29,400円

プロフェッショナルコース

60分×月7回コース:34,300円
60分×月8回コース:39,200円

貸し音楽スタジオでの受講の場合、使用料実費(1,000円〜2,500円)が必要です。平日の午前中〜夕方が、1,000円前後と最も安価な時間帯です。

キャンペーン情報

無料で1レッスン!プレゼントキャンペーン実施中

今すぐ無料体験レッスンお申込み

※貸し音楽スタジオでの受講の場合、使用料実費(1,000円〜2,500円)が必要です。

都道府県から他のサックス教室を探す

神奈川  

近くの駅で他のサックス教室を探す

横須賀中央  

レッスン形式

講師と1対1のマンツーマンレッスン
曜日と日時を毎回選べるフリータイム予約制

このスクールを無料でお試し

体験レッスン実施中!

まずは無料で体験レッスンを受けてみる

※1,000円〜2,500円前後の施設使用料実費が必要です。

講師プロフィール

講師写真

富永 信也

高校生時代はブラスバンドでアルトサックスを担当し、大学時代は当時のいわゆるグランドキャバレーでプロのミュージシャンの方々とご一緒にビッグバンドでテナーサックスのバイトをさせて頂きジャズにのめり込みました。社会人になってからは週末が中心ですが各種アマチュアビッグバンドやコンボに在籍し、単身赴任や海外駐在等で若干ブランクはありますがトータル約50年間サックスを吹いております。ある時期までは学生時代のプロミュージシャンとのバイトの経験や独学だけでそれなりに吹いておりましたが、このままでは進歩が無いと悟り、ステップアップのため、2001年から約5年間「横浜コンテンポラリー音楽院」の皆川トオル先生(故松本英彦氏の弟子)に師事し、スタンダードジャズの奏法やジャズ理論を学び現在に至っております。

開講時間

月曜: 10:00〜20:00
水曜: 10:00〜20:00
木曜: 10:00〜20:00
金曜: 10:00〜20:00
土曜: 10:00〜20:00
日曜: 10:00〜20:00

・ライブが不定期に入りますので、日程はご相談下さい。
・上記時間以外にも受講可能な場合もありますので、お気軽にお問い合わせください。
・「10時〜20時」としていますが、「10時〜12時」または「15時〜20時」の間でお願いします。

受講に必要なもの

・貸し音楽スタジオ・カラオケボックス使用料(1,500円〜2,500円)
・テナーサックス

※お持ちであれば、練習したい曲が入ったCD・iPod、譜面をご持参ください。(お持ちいただかなくても、ご受講いただけます)

Powered by Cyta.jp サックススクール

スクールいちおし

スタンダード・ジャズ・ハンドブック

「スタンダード・ジャズ・ハンドブック」いわゆる「青本」は、伊藤伸吾さん編集で、ピアノ・ベース等in Cで書かれていますので、テナーサックスの方は1音移調して演奏することが必要です。

ジャズ・スタンダード・バイブル

ジャズ・スタンダード・バイブルはいわゆる黒本と呼ばれ、in C、 in B♭、 in E♭の3種類出ていますのでテナーサックスの方は in B♭を購入すればそのまま演奏できます。

ジャズ・スタンダード・バイブル2

ジャズ・スタンダード・バイブル2も黒本と呼ばれ、ジャズ・スタンダード・バイブル同様3種類出ていますので、テナーサックスの方は、in B♭を購入すれば、そのまま演奏できます。227曲入っております。

My Funny Valentine

Eddie Higgins / Scott Hamilton 演奏による「My Funny Valentine 」には、You'd Be So Nice To Come Home To、I'm A Fool To Want You、Alone Together、It's All Right With Me、My Funny Valentine、Slow Boat To China等々11曲が収録されており、ややスインギーな“スロウボート・トゥー・チャイナ”にこの二人の魅力が凝縮されている。
http://www.youtube.com/watch?v=f6Z4IMdzDD8

Scott Hamilton 2

Scott HamiltonはBe-Bop時代の名テナーサックス奏者の名手達の再来・期待の新星と言われています。
このアルバムには、East Of The Sun、There Is No Greater Love、Everything Happens To Me 、It Could Happen To You 等々ジャズのスタンダードナンバーが10曲が収録されており、テナーサックスのスタンダードジャズを目指す初心者の方には、聴いていて楽しく非常に勉強になる名演奏ばかりです。